1990~

アイアン・ジョンの魂

1996年「コスモポリタン」9月号

1996年に翻訳した「アイアンジョンの魂」についてのインタヴュー。
『…男が自分の中の男性性に目覚めて、解放されないと、女も解放されない…』
ハーバードの教授で、詩人でもあるロバートブライ氏のベストセラー。丁度、バリバリキャリア人生から、一転、初心者子育てママの雁字がらめ的焦りと葛藤を経た頃に出逢い、翻訳。スッパリ、きっぱり。今や「LGBTQ+」の時代ですが、当時は、まだ、男らしさ、の対立軸としての女らしい生き方、みたいな色分けが主流で、仕事か家事か。
の真っ只中で、私自身が悶々とする経験があったので、とにかく面白くためになる出逢いをくれた一冊。前書きと、あとがきだけでも、是非。ひょっとすると、今でも少しはやくに立てるかも….。

#くらす

関連記事

PAGE TOP