1990~

献(つく)せることの幸せ

大きく有名な宗教団体ではなく、菩提寺のお集まりで熱心な法話の会に通っていた祖母からの、山盛りの教え。思えば、ダイレクトであったり、母を通じて聞かされた話であったり。
何れにしても、小さきものや、弱き者への暖かい思いやりの心こそが、信心なのだ、ということを、経典ではなく、生き方を通して教えてくれたおばあちゃまの存在は、大きく、いまの私を造っている。

1996年「仏教の生活」(平成8年夏季号) 


関連記事

PAGE TOP