〔いま〕

毎日起こる、あれこれ。
政治も、経済も、文化も、みんな同じ。
私たち、一人ひとりがどう捉えるか。
自分ゴトにしていく、楽しみ。


カーボンプライシング、世界に導入機運 EU先行追う中国

Facebook記事はコチラ

アインシュタイン先生が言った言葉。
”No problem can be solved by the same level of consciousness whichi created it.
”問題を起こしてしまったのと同じレベルの意識では、
その問題を解くことは 出来ない。
けだし名言。
利益、拡大、儲けてなんぼ....経済効率や一銭でも儲かったほうが勝ち....。
それが発展、先進、文明国の姿。という経済良識
一筋で驀進してきたが故の、取り返しのつかないほどの気候変動を、
はたまた同じ’良識意識で、しかも、その上に、金融資本主義の良識(!?)まで加えて、”お金”で解決しようとする、愚行。
しかも複雑怪奇なシステムで、結局、根本問題の解決にはいたらず、小切手に裏書きする金融セクターが、潤い、やった感のみ、皆でシェアいたしましょう。。。
意識や良識のシフトこそ、問題解決への避けて通れない近道であると考える。
市民や庶民や消費者や....呼称は何であれ、商品やサービスを買う一般ピープルへの、わかりやすい情報開示を進め、行動の選択肢を示せば、大きなウネリに変換できる時代なのである。
350.orgのように、どこの銀行が、カーボンばかすか排出企業にお金を貸しているのか?のような情報を明らかにしてくれると、銀行のお金は銀行のものでもなんでもなくて、私たちが預けているお金の集合体だから、”嫌だ!”と思えば、そこから預金を引き出して、違うところに移す。それだけでウネリは起こる。ひとりびとりの行動は、小さくても、意識の輪が広がれば、とてつもなく大きな社会現象となる。
アインシュタイン先生に敬意。
お金チェイスで起きた環境問題の解決には「お金」パワーではなく、「いのち」パワーの目盛りで向き合わないと前には進めないのだと思う。

#いま 

カーボンプライシング、世界に導入機運 EU先行追う中国(日経電子版2021/6/29 会員限定記事)より

「種の保存にあらがう」自民議員のLGBT差別相次ぐ

Facebook記事はコチラ

春眠のせいにして、あらためて目をこすってしまった。
コロナ対策を巡る一貫性も、ロジックもない施策にほとほと呆れてはいたけれど、社会でのLGBTqを議論する中で「種の保存..」という単語が登場する、という認識レベル。。。
大丈夫だろうか?
個人の政治家のことではなくて、こうした認識認知が立法府をリードするデシジョンメーカー であること。
「国の保存」の方が よほど不安になる.....

#いま

「種の保存にあらがう」自民議員のLGBT差別相次ぐ(朝日新聞デジタル2021/5/21 会員記事)

76年前の5月27日

Facebook記事はコチラ

76年前に、沖縄に生まれていなくてよかった。ここにいたら、死んでいた。。。。と、思う方がいるだろう。
いまこのphotoを見ている、生きている私たちは、勝手な感想文を書ける。
だけれど、
いまも、これと同じ戦争という愚行を、人殺しを、単に、より多くを殺滅した方が、褒められ、力をもてる。
そんな「愚行」を地球のどこかでやっている、という事実。
自分もそこに生まれていたかもしれない、という自分ゴト化する頭と心が大事。
で、反対を行動する、言葉にするだけでもイイ!なんでもイイのだ。うごく。
肝に命じよう! 政府のミッションは、2つ。
*国民を飢えさせない!
*戦争をしない!
これを遂行する政府にしておかないと、まずい!
🇯🇵はどう?

#いま

渡邉英徳氏Fabook(2021/5/28)より

NASA’s SpaceX Demo-2 mission

Facebook記事はコチラ

あのアポロの月面着陸は、ハリウッドのでっちあげだ、という話をいまも、時々耳にする。
そのデンでいえば、こっちの方が、もっとCGっぽくて、よくできた映画のふらいあー!
それ以外の何者でもなくみえてくる。
どっち業界の肩をもったらよいのか、なんだかよくわからなくなってくるが…笑
どちらも、信ずるものこそなんとやら、で、事実だ!と思う。
で、だから、なんなのか?
人殺し道具づくり屋、とか口利き政治屋はやめて、ちっぽけお星さま印に生きるヒト科の未来を拓く 大気圏清掃機や 降水変換器やらをこの星全体の為に開発するゾ!
くらいの志掲げてからの、お金儲けに奔ったらいかがでしょう…と心から思うのだけれど🤔

#いま

NASA - National Aeronautics and Space Administration (2021/5/31)

ボイジャー1号、太陽系外で「持続的な低音」を検出

Facebook記事はコチラ

音は、エネルギー。凄いこと。
君が旅立った頃、まだ大学院生だったと思うけれど、
宇宙の広がりを、ちいさなアタマで想像して、
一人興奮していたことを思い出す。
頑張れボイジャー!
何も知らない私たち 地球人に、届け続けてほしい。
ここにある「時間」の概念も動いていく。

#いま

ボイジャー1号、太陽系外で「持続的な低音」を検出(CNN.co.jp2021/5/12 )

AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争

Facebook記事はコチラ

思い出は モノクローム…というユーミンの詩
渡邊先生の手によって こうして彩色されると
時が 過去をこえて 今になる
ガザでは 今が 血を流してる🩸
決して他人事では いけない
決してしてはいけない 
戦争という名の 愚行 単なる人殺し
先生 いつもありがとうございます

#いま

渡邉英徳氏Fabook(2021/5/15)より

AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争(2)

Facebook記事はコチラ

全く違うハナシですが、
戦車も兵士も目に見えてたころの戦争は、
まだわかりやすかったんだなぁ、と、この写真を見てふと思う。
攻めてくる敵が、見えるから。
誰が鉄砲持って、いのちを奪いに、攻めてくるのか、判るから。
ドローン戦争も超えて、いまや、そこここに飛び交う
金融という弾は、見えもしない。音もしない。
この弾の動きこそが、22世紀を、揺るがすことに
いま気がつかなければ、取り返しがつかなくなる。
この弾は、味方にもなるし、敵でもあることに気づかない人々が多すぎる。

#いま

渡邉英徳氏Fabook(2021/5/17)より

無償の愛でしょ?お金なんかいらない

Facebook記事はコチラ

シェアして下さってありがとうございます。モノやコト、全ての物事を判断する物差しが「お金」のめもりになっている。絶対王政の王様の如く、何人たりとも不平不満を許さない!みたいな横暴さで。都市化の目盛は、お金だったから。介護ひとつ、子育てひとつ。問題解決のすべは、予算の分捕り合戦のみ。そこに働くヒト、そこにたよる人々のことは、後回し。そんなこと、あんなこと…。戦後日本社会の不備横暴を、コロナ禍が炙り出していく。

#いま

しあわせになるレシピFacebook(5/16)より

オードリー・タン氏提唱の「縛られぬ社会」
新アナキズム、思索を深める好機に

Facebook記事はコチラ

緩んでくる寒さ。このまま春眠の思考に委ねてしまうとホントに心がぬるみそうで。時折は、テーマを絞りコメントを。
朝刊でオードリーさんの名。しかも、アナキズム回り。超ICT使い勝手頭脳である彼(彼女)の中で「政府」というコトバが何を定義しているか、その相違を明確にしないと、ズレていく。
ICT普及社会こそ「縛られる」社会だ、と想起してしまう私たち。そのポイントで、オードリーさんと徹底的に話してみたい。あなたはいかが?

#いま

(取材考記)オードリー・タン氏提唱の「縛られぬ社会」 新アナキズム、思索を深める好機に 藤生京子(朝日新聞デジタル2021/3/1)

NTT 固定電話から他社携帯への通話料金 5月から引き下げへ

Facebook記事はコチラ

知ってましたか?どれほど電電公社がはばをきかせていたか。3社にこれだけ差異つけて、新規参入阻止してきたのか。NTT に限らず、これが🇯🇵丸ガラパゴス化の姿。そもそも、電電公社は、国民の財産だったはず。通話料金を巡り、今年は様々動きがあるはず。
国民一人ひとりが携帯するギア。お客様はかみさま。一人ひとりが自分事として、意見を。銀行引き落としで、考えることも、声ももぎ取られてしまっては、あまりに、情け無い…。あなたは、大丈夫?

#いま

NTT 固定電話から他社携帯への通話料金 5月から引き下げへ(NHK NEWS WEB2021/3/2)

首相の総裁再選、解散と連動 党内力学より世論重視 

Facebook記事はコチラ

なんという見出し。党内力学で動く政治など、本来、政治と呼んではいけないでしょう。でも、まかり通っていた🇯🇵。まず、ジャーナリズムは、そこを指摘すべきでは?で、菅政権の世論で動くが正道か?と問うて、否。これでは、単なる、風見鶏ポピュリズム。
自分たちが、選挙をモノにするための、バラマキ攻撃こそが、権力の行使だと思ってませんか?を指摘して、初めて「社会の木鐸」だと思うのです。ん?ボクたくって?何かですって?(調べてくらさーい(^-^)
金属疲労も甚だしい昨今の🇯🇵政治の露呈。
問われているのは、私たち一人ひとりの「気づき」と「行動」なのかもしれません。

#いま

首相の総裁再選、解散と連動 党内力学より世論重視 自民総裁選まで半年(上)(日経電子版2021/3/11 会員限定記事)

日経平均、4日続落
終値590円安の2万8405円

Facebook記事はコチラ

「株のことはよくわからない。でも、安いって、景気が悪いこと。高くなれば、日本経済が元気って証拠だから、いいんじゃない?」咲き始めた桜の下で話すおばさまたちの声が聞こえた。
残念ながら、株価が、🇯🇵経済の調子を体温計のように測れていた時代は、遠い昔に。輪転機をフル回転させ、刷り上がった福沢諭吉先生を、国策としてどんどん東京証券取引所へ送りこむ。8年近く、ガッツリ支えてきているのは、実体経済ではなく、数字としての日経平均という株価。......嗚呼、溜息と眩暈アゲイン。
いやいや、せっかくの春。憂き世ではなく、浮き世にさいた桜の笑顔に見惚れましょうか....

#いま

日経平均、4日続落 終値590円安の2万8405円(日経電子版2021/3/24)

材料に構造の〝魔法〟 新機能を引き出すスタートアップ

Facebook記事はコチラ

膝を打った!素晴らしい!
「.....硬いのに水に浮くほど軽い金属や、硬いのに衝撃吸収性がある樹脂などメタマテリアルには素材の未知の力が備わっているが、機能から逆算して構造を設計するという手法は確立していなかった...」ひらたく言えば、同じ材料なのに、構造を変え設計すると、全く異なる機能を発揮する、ということ。3Dプリンターの登場などが相まってのことだと思うが。
膝を打ったのは、そのことの凄さもさる事ながら、世の中の真理でもあるな!と。同じ人間、仲間、スタッフ...呼び名はなんであれ、全体の仕事やミッション完遂の為に様々な異能、異種の専門を当てはめてみたものの、チグハグ。で、幾人かの志(こころざし)同理解度人間に、何をどう動かしていけばいいのか、を理解し合う作業から初めてみる。すると、とてもスムース、どころかフットワークも軽くなる...みたいなイメージが、どわーんと拡がった。
「設計から量産にかかるコストや時間を抜本的に減らし、試行錯誤するものづくりの在り方を変えられる」と語る大嶋さん。間違ってますか?

#いま

材料に構造の〝魔法〟 新機能を引き出すスタートアップ(日経電子版2021/3/26)

おかねのメモリ、いのちのメモリ

SPACなんていう略語で、いかにも専門的。big nameも関わってるなら安心安全!と思うほうが、ナイーブ=お人好し。
今さらながら、ですが。「おかね」は道具でしかありません。
もちろん、とてもパワフルなお道具です。
でも所詮、道具はどうぐでしかない。
大事なことは、その道具で、どんな人生を築くのか、過ごしたいのか、送るのか、だと思います。一人ひとり、違っていて当たり前。声も、顔も異なるように!
「おかね」の目盛りと、ヒトとしての「しあわせ」の目盛りは必ずしもシンクロなど
しないのです。「手段」でしかない「おかね」を、人生の「目的」にしてしまいガチなこれまでの日本社会、いや地球社会全体こそ、悲劇であることも、このコロナは静かに
語りかけていると思います。
『いのち』のメモリ。これはみんなに等しく、ひとつずつ。それしか、ありません。
格差が広がる昨今。大事なことは、「格差是正」より、「おかね」の多寡(多い少ない)で「教育」や「医療」、つまり「いのち」への基本的な支えが極端に異なってしまう社会構造を是正することだと思います。
目の色変えて道具を追い求めても、所詮、もっともっと病と不安病の合併症かな。
3・11には、やはり今、生きていられている「いのち」のことを、しっかり感謝しながら考えて生きたいと思います。
あなたも、ぜひ…..

#いま

「セレブSPACに気をつけて」 米SEC、個人に注意喚起(日経電子版2021/3/11 会員限定記事)


ハリス氏が国連デビュー 「女性の地位は民主主義の地位」について

国連に「女性の地位向上委員会」がある。まずは、このことの重さ。言い換えれば、女性の、社会的存在での「軽さ」。だから、向上させなければ!と、第二次大戦後60年以上続けてきて、漸く初めての女性副大統領が生まれたのが、去年。先進国と呼ばれるアメリカで。
ホワイトではなく、父はジャマイカ、母はインドからの移民の子。
昨年、2020年は、米国憲法で女性の参政権が保障されて100年目だった。カリフォルニアの司法長官を経ての副大統領。輝く笑顔とともに、明快で、力強い就任演説に、アジアのハジのtokyoでも感動したのを思い出す。
時代を変えていくには、「時間」がかかるのだな、と。
でも、同時に、ヒョイと敷石を跨ぐように、新たな時代へと歴史を飛び越える力も、ヒトは持っている、と思っている。
民主主義の疲労については、また、タイミングをあらためて。
まずは、地位の高かった(とされてきたor 思ってきた)「男性」が、ホントに偉かったの?幸せだったの?何考えてきたの?.このままでいいの?…
についての再考察、点検から始める必要があるのだろうと思う。
一人として、お父さんから生まれてきたオトコのヒトはいないのだから。
「いのち」の「繋がり」という視座で未来を志向していかなければ、地球という星に明るい明日は来ないだろうと信じている。
あなたのおとーさんと、おかーさんは仲良しでしたか?

#いま

ハリス氏が国連デビュー「女性の地位は民主主義の地位」(朝日新聞デジタル2021/3/17)


PAGE TOP