2020~

松山英樹選手、キャディの行動でも世界に感動広がる。
帽子を脱ぎ、一礼を…

Facebook記事はコチラ

この『礼』って何? と 海外の人々から尋ねられたら、何とこたえているのだろう。
日本のじねん観から醸造され 
受け継がれてきた文化としての「礼」を応えてほしいな。
生きているのではなく 
生かされているのが 自分たちの存在
いのちとは 大きなじねんの中に
育まれたものなのだ という八百万観
畏敬の思い 謙虚に己れをとらえる心
隷属や服従や忖度としての 
御礼などではないこと
それをしっかりと 伝えてほしい

#じねん

松山英樹選手、キャディの行動でも世界に感動広がる。帽子を脱ぎ、一礼を…(Yahooニュース2021/4/12)

関連記事

PAGE TOP