〔いのち〕

全ての価値軸のメモリ。
お金のメモリに、擦り切れそうな心や身体があったなら、
どうぞ、気がつきますように。
大したことでは、無いのですから。


いのちのめもりで考えよう

2011年「中日新聞」10月26日   
記事はコチラ      

COP10 から10年目。2011年の10月中日新聞のインタヴュー。
ブタペストクラブ(世界賢人会議)創設者のアーヴィン・ラズロー博士の 提唱する「 WorldShift」を拡げようと、日本でもワールドシフトジャパンを 立ち上げ、事務局長に谷崎テトラさんを。私は、ブタペストクラブ名誉会員として、日本と世界を結ぶ活動を。誰でもが自分ゴトにできるよう、空欄マトリクスをツールに、様々な世代や職業の違いを超えてプラットフォームを広げたいと考えて いた矢先の取材で、とても喜んだのを覚えている。

#いのち

ママになって

娘のまりながそろそろ2歳になる頃受けた雑誌の取材。
アメリカの大学院から戻り、そのままNHKの仕事など、いわゆるキャリアウーマンでバリバリ音が聞こえそうな時代には、全く受けたことのない雑誌や、新聞の取材が多くなった頃。被写体としての自分の表情から、穏やかお母さん色が醸し出されて(というより、バリバリ..ではなく、ホンワカワカ漂っているのにびっくり笑!)

#いのち

1991年「マフィン」10月号       
記事はコチラ        

私の自立を語る

1989年「私たちの生き方」1989年 中学2年用         
記事はコチラ       

なんと教科書に登場です!中学二年生用。
人生そのものや、職業選択など 「生き方」全般について。私は、特に「自立」について。職業の選択そのものが 自立することとイコールで捉えられがちな日本。でも、就職や職業ありき、 ではなく、まず一番大事なことは、自分を確認すること。自分の好きなこと、 苦手だなと思うこと等、その自己認識から始めることの大切さを伝えたかった。 偏差値なんか、人間の価値とシンクロはおろか、あんまりやくに立たないことを、 この年代に教えたい、と思ってた。「好きこそモノの上手なれ」!この真実。

#いのち

PAGE TOP